流山でも増えている合同葬という葬儀

  • 流山でも増えている合同葬という葬儀

    • 近頃の葬儀は、流山市でも時代の変化と一緒に変わってきています。

      その時代の変化によって流山市で執り行われる社葬も変わってきています。近頃、流山市で増えてきているのは、お別れの会や、合同葬の形式になります。

      社葬とは、会長や、社長、重役など責任が大きな役割の方が亡くなった場合に会社が主催して行われる葬儀になります。会社にとって大切な方が亡くなったら、すぐに遺族が主催する近親者だけが弔問する密葬を行います。

      流山の葬儀サイトで情報を入手してみて下さい。

      密葬を済ませてから、およそ2週から4週ぐらいの期間が経過してから会社が主体となって社葬を行うのが一般的になります。

      Yahoo!知恵袋の情報をお知らせいたします。

      本葬として執り行われる社葬は、お坊さんがお経をあげる葬儀と、一般弔問客が弔問する告別式が執り行われます。合同葬は、主催者の団体が幾つかある葬儀のことを指していますが、近頃多くなっているのは密葬と、社葬の2回分の葬儀を行わず、一緒に1回分で行う形式のことになります。遺族と、会社が共同で主催して執り行います。



      名目上は合同葬となっている場合でも、社葬規定を定めておくと会社が戒名や、法名に対するお布施や、火葬料を除いた合同葬の費用を全て負担することもできます。


      合同葬は、1度で済ませるため合理的であると思われがちですが、関係者に対する連絡したり、弔辞を手配したり、時間をかけて準備をすることができないので、慌しく準備することになるので、担当者は苦労することが多いです。

      しかし社葬や、団体葬と比較すると、費用が安く抑えられるので、これまで社葬や、団体葬を行うことができなかった流山市の中小企業でも合同葬という形で社葬を行う会社が多くなってきています。

  • 耳より情報

    • 船橋で葬儀に参列できなかった人や、新聞で訃報を知った人などの中には葬儀の翌日ぐらいから、自宅のほうに弔問に来られることがあります。たいていは電話で今からうかがってもいいですかと連絡がありますが、いきなりくる場合もあるのであと飾りの祭壇を用意して遺骨、遺影を飾って、お線香をあげられるようにしておきます。...

  • 驚く情報

    • 葬儀が船橋で無事にすんで一段落したら、かかった費用の支払いを行います。たいていの場合葬儀後2〜3日で請求書が届きます。...

  • 1から学ぶ葬儀

    • 葬儀の準備は、かなり慌ててしないといけない場合もあれば、ある程度時間がある場合もあります。ある程度時間がある場合は、がんなどで亡くなることが予期されている家族のために、前もって準備ができます。...

  • 身に付けよう

    • 誰にでも平等に死というものは訪れます。そして大切な人との永遠の別れも必ずやってきます。...

top